ページ内移動用のリンクです


抗菌・鮮度保持剤 ワサオーロ®ワサオーロ®とは?

English

ワサオーロは自然に秘められたパワーを巧みに活かした抗菌・防カビ鮮度保持剤です。

日本の代表的な香辛料として、寿司や刺身などさまざまな料理に古くから用いられてきたワサビ。その独特の刺激と豊かな風味で私たちの味覚を楽しませてくれるこのワサビは、いまからおよそ千年以上も前から活用され続けてきた、日本古来の食材のひとつです。そんな日本人の食生活になじみ深いこのワサビには、素材の持ち味を高めること以外に、もうひとつの大きな特長があります。それは、食品に発生するカビを防いだり細菌の繁殖を抑制するなどの、抗菌力を備えていることです。とりわけ、ワサビの中に含まれるアリルカラシ油という揮発成分に、強力な抗菌力があることは、科学的にも立証されており、この作用によって食品等の日持ちを向上させることが可能です。このアリルカラシ油が持つ抗菌力を応用し、食品の鮮度保持や日持向上のために、最新の技術とノウハウを結集して研究・開発された抗菌剤が、ワサオーロなのです。
ワサオーロはいま、食品の品質保持や衛生管理に幅広く役立っています。

ワサオーロ®の特徴

原料は食用素材

ワサオーロは、古くから食品として食されてきた、ワサビやカラシなどに含まれるアリルカラシ油を主成分としています。アリルカラシ油は、キャベツやカリフラワーなどにも含まれている成分でもあります。

わずかな量で大きな効果

アリルカラシ油は、液状よりもガス状の方がより強い抗菌効果を示すことが確認されています。アリルカラシ油をガス状にするとわずかな量で効果が得られるため、食品の味や香りに影響することなく抗菌効果を発揮します。

特殊な包材は不要です

食品包材の選択の幅が広いのもワサオーロの特色です。安価でガス透過性のあるフィルムでも十分な効果が期待できるため、コストのかかる特殊な包材を用いる必要がありません。

害虫防除や鮮度保持にも

ワサオーロは抗菌効果以外にも、不快害虫の防除や、野菜、果物、切り花などの鮮度保持にも効力を発揮します。

さまざまな菌に効力を発揮

ワサオーロは食品で問題となる食中毒菌、腐敗細菌、カビ、酵母などに高い制菌効果を発揮することが、様々な実験や事例で確認されています。このため食品の日持向上、鮮度保持、食中毒の回避に役立ちます。

お問い合わせ、ご意見等は下記フォームをご利用ください。