ページ内移動用のリンクです


よくあるご質問

お客様から寄せられたご質問を製品ごとに掲載しています。

乳化剤

Q.HLBとは何ですか?
A.Hydrophile Lipophile Balanceの略で、乳化剤の親水性、親油性の目安として用いられる指標です。当社の乳化剤(リョートーシュガーエステル、リョートーポリグリエステル)は幅広いHLB範囲をカバーします。
Q.リョートーシュガーエステルはどのようにして作られますか?
A.リョートーシュガーエステルは、ショ糖を親水基とし、植物油脂由来の脂肪酸を親油基としてエステル結合させて得られます。
Q.リョートーポリグリエステルはどのようにして作られますか?
A.リョートーポリグリエステルは、植物油由来のグリセリンを脱水縮合によりポリグリセリンにしたあと、植物油由来の脂肪酸をエステル結合させて得られます。
Q.リョートーシュガーエステルを使用した食品への表示方法はどうなりますか?
A.本品を食品に使用した場合の表示は、原則として「ショ糖脂肪酸エステル」または「ショ糖エステル」ですが、乳化剤の目的で使用した場合は「乳化剤」という一括表示が可能です。また、ガムベースの目的で使用した場合には「ガムベース」と一括表示することができます。
Q.リョートーポリグリエステルを使用した食品への表示方法はどうなりますか?
A.本品を食品に使用した場合の表示は、原則として「グリセリン脂肪酸エステル」または「グリセリンエステル」ですが、乳化剤の目的で使用した場合は「乳化剤」という一括表示が可能です。また、ガムベースの目的で使用した場合には「ガムベース」と一括表示することができます。
Q.リョートーシュガーエステルの性状は?
A.粉末状、ペースト状、フレーク状のものがございます。銘柄によって性状が異なりますので、詳しくは当社営業担当までお問い合わせください。
Q.リョートーポリグリエステルの性状は?
A.ペースト状、フレーク状、粉末状のものがございます。銘柄によって性状が異なりますので、詳しくは当社営業担当までお問い合わせください。なお一部粘性の高い製品がございますが、加温して流動性を持たせた上でご使用いただくことをお勧めいたします。

乳酸菌

Q.ラクリス®-Sはアイスクリームや氷菓に使用できますか?
A.使用できます。ただし、乳等省令の規定により、発酵乳または乳酸菌飲料を原料として使用したものに限って使用が可能です。また、食品衛生法等の規定により乳酸菌を含む生菌数の規格が定められている食品(牛乳、生食用かき、氷雪、ゆでだこ、冷凍食品など)への使用は避けてください。
Q.ビフィズス菌とラクリス®-Sを比較し、ラクリス®-Sの優位点は何ですか?
A.一般的にビフィズス菌は酸素で死滅する性質があり、加工食品への使用が困難ですが、ラクリス-Sは酸素存在下でも死滅せず熱・酸・圧力・糖に対する耐性に優れているため、食品加工が容易です。
Q.ラクリス®-Sは植物性乳酸菌ですか?
A.乳などの動物性食品に由来した乳酸菌を動物性乳酸菌、漬物などの植物性食品に由来した乳酸菌を植物性乳酸菌と呼称する分け方がされており、その定義をあてはめると緑麦芽由来のラクリス-Sは、植物性乳酸菌と呼称することはできます。しかし、この呼び方は世界的に共通した定義として定められたものではないため、当社としては現時点で積極的にラクリスを植物性乳酸菌と定義づけるのは差し控えています。
Q.ラクリス®-Sを摂取したとき、体内のどこで発芽するのか?
A.胃酸のような低pHで胞子が活性化し、発芽が促進されることが明らかになっていることから、十二指腸・小腸で発芽し、その後、小腸・大腸で栄養細胞となって分裂・増殖を行うことが推測されます。摂取するのを中止すると約1週間で排便により自然に体外へ排泄されます。
Q.ラクリス® -Sと他の生菌を配合した製品で、それぞれの菌を分別測定する方法はありますか?
A.複数の生菌が含まれる製品における菌の分別測定方法は、配合される菌の種類によって個別の検証が必要なため、それらの方法を当社で提供することはしていません。納豆菌との分別測定方法については、検証した参考データがありますので必要の際はお問い合わせください。
Q.食品に「乳酸菌ラクリス®入り」と表示したいのですが・・?
A.ラクリス®は当社の登録商標です。食品のパッケージ等へ表示される場合は、当社営業担当までお問い合わせください。

抗菌・鮮度保持剤 ワサオーロ®

Q.ワサオーロ®が抗菌・鮮度保持剤の特徴をもつのはなぜ?簡単に言うとどういう仕組みですか?
A.ワサオーロはワサビやカラシの香り成分であるアリルカラシ油を主成分としています。アリルカラシ油にはカビや細菌等の増殖を抑制する効果があるため、食材の腐敗などを抑制する抗菌・鮮度保持剤となります。
Q.実際の原料は?
A.アリルカラシ油は、ワサビや西洋ワサビにも同様に含まれますが、原料の安定供給性と経済性よりカラシ(マスタード)種子を使用しています。
Q.ワサオーロ®で処理した食品に移り香はないのですか?
A.基本的には常に効果と食味への影響をお客様の方でご確認いただいて問題がない場合にのみ採用になります。実際の製品化に際しては、対象食品毎に最適なアリルカラシ油含量および放出挙動の製品を推奨させていただきます。
Q.ワサオーロ®の効果は殺菌ですか?
A.高濃度では殺菌作用がありますが、官能的に影響のない範囲で使用した場合は静菌作用になります。(1)カビ・酵母 (2)グラム陰性細菌(大腸菌等) (3)グラム陽性細菌(黄色ブドウ球菌等)の順に強い効果を示しますが芽胞菌や乳酸菌に対しては比較的効果が弱いのでこちらでお困りの場合は別途販売しているホップ抽出物配合製剤の「EXT」または「ホップレックス」をご使用ください。
Q.ワサオーロ®の効果はどれくらい持続しますか?
A.効果の持続期間は対象物の初発菌数や菌叢により異なるため一概には言えませんが、大腸菌を用いたモデル実験の系では30℃保存で16時間後まで増殖を完全に抑制することが確認されています。
Q.ワサオーロ®の主な用途は?
A.フィルム、シートおよびラベルタイプの商品は主に弁当・惣菜・製菓・パン分野で使用されています。またパウダーやエマルジョンタイプの食品添加物製剤は漬け物や海産物の日持向上目的で使用されています。
Q.ワサオーロ®の効果は抗菌・防カビのみか?
A.ワサオーロの効力主成分でアリルカラシ油はカビや細菌の増殖抑制以外に、害虫の防除効果やカット野菜の褐変防止ならびに青果物の熟成抑制効果等も有するため、これらを目的とした使用も可能です。現在、大手スーパーのショーケースに使用されているカセットは不快害虫の忌避効果を目的とした使用の一例です。

酵素剤

Q.至適条件(温度、pH)から外れた条件で酵素剤を使うことは可能ですか?
A.至適条件での使用は必須ではありません。製造工程上の制約もあるため、実際には至適条件から外れた条件で使用されることも多く、その場合は反応時間や添加量を調整することで目的を達することができます。
Q.酵素剤はどのように作られるのですか?
A.酵素の種類により由来は様々ですが、麹菌などの微生物や植物から酵素たんぱく質を抽出し、精製したものが酵素剤です。ちなみに、麹菌に代表される微生物によって酒や味噌、醤油ができるのは酵素のはたらきによるものです。詳しくは、「酵素とは?」のページもご参照ください。

糖質

Q.エリスリトールは食品ですか?食品添加物ですか?
A.食品です。厚生労働省のエネルギ-評価法によりエネルギー値が0kcal/g と認められている、唯一の糖質です。
Q.エリスリトールを焼き菓子に使用したいのですが、焼き色は付きますか?
A.エリスリトールは糖アルコールであり、アミノ酸との反応(メイラード反応)による褐変はありません。例えば、焼き菓子中の糖質をすべてエリスリトールに置き換えた場合、焼き色は付きにくくなります。
Q.オリゴトースは保湿性においてトレハロースの代替となりますか?
A.トレハロースは二糖、オリゴトース(マルトトリオース)は三糖であり、化学構造は異なる物質ですが、どちらも保水力に優れた糖質なので、用途によっては代替可能です(例えば、カスタードクリームにおける冷解凍時の離水防止については、トレハロース以上の効果が確認されました)。

着色料

Q.色素の安定性をよくする方法を教えてください。
A.一般的に、酸化防止剤(ビタミンCやローズマリー抽出物)等を併用することで安定化される傾向にあります。ただし対象とする色素や添加した食品の種類にもよりますので、詳しくは当社営業担当までお問い合わせください。
Q.ビタミンB2(リボフラビン)がうまく水に溶けません。
A.ビタミンB2は水溶性のビタミンではありますが、あまり水への溶解性は高くありません。またその結晶形状からダマになりやすい性質があります。水へ添加するコツとしては、ダマにならないよう粉末状で少しずつ添加し、添加後すぐに撹拌すると多少溶けやすくなります(水温:10~30℃推奨)。

栄養強化剤

Q.栄養強化目的で使用するビタミンEと酸化防止目的で使用するビタミンEはどう違うのですか?
A.栄養表示基準より、栄養強化目的で使用するビタミンEはα-トコフェロールのみを指します。一方、酸化防止目的で使用されるビタミンEは、α-トコフェロールの他、β,γ,δ-トコフェロール等を含めたいわゆるミックストコフェロールのことを指します。
Q.ビタミンB2(リボフラビン)がうまく水に溶けません。
A.ビタミンB2は水溶性のビタミンではありますが、あまり水への溶解性は高くありません。またその結晶形状からダマになりやすい性質があります。水へ添加するコツとしては、ダマにならないよう粉末状で少しずつ添加し、添加後すぐに撹拌すると多少溶けやすくなります(水温:10~30℃推奨)。

酸化防止剤

Q.サンフード®は動物性油脂にも植物性油脂にも効果がありますか?また、より効果がでるのはどちらですか?
A.サンフードは動物性油脂にも植物性油脂にも濃度依存性があり良好な酸化防止効力を発揮します。また、サンフードは同じく酸化防止効果のあるビタミンC(水溶性)やビタミンE(脂溶性)を併用することで相乗効果も期待できます。
Q.サンフード®を食品中に配合する場合の目安量は?
A.配合する食品の種類によりますが、サンフード原末換算で30~100ppm(0.003~0.01%)程度で効果が期待できます。上限としては、カテキン類の苦味の閾値から、サンフード原末換算で200~300ppm(0.02~0.03%)程度と考えられます。

その他

Q.三菱ケミカルフーズの製品を店頭で購入することはできますか?
A.当社の商品は業務用であり、個人のお客様への販売はしておりません。