ページ内移動用のリンクです


ビタミンE様々なシーンで活躍するビタミンE

ビタミンEの歴史を引き継ぐ当社は、今まで培ってきた技術と知識を元に医薬品・化粧品関連、食品・食品添加物関連、栄養・健康食品関連の各分野で有用なビタミンE製品を開発・販売しています。

医薬用

製造専用医薬品としてのビタミンE

医薬品としては

ビタミンEには、生体膜安定化作用・過酸化脂質生成抑制作用、および微小循環系賦活作用等の独特な働きが立証されています。 これらの作用は、循環器・神経・内分泌・血液・生殖等の機能維持と健康増進に重要な役割を果たしており、様々な医療用医薬品や一般用医薬品を生み出しています。
ビタミンEは物性に応じて、錠剤・カプセル剤・顆粒剤・液剤等の内服用の他、点眼剤や外用剤に広く用いられています。

化粧品用

化粧品・医薬部外品としてのビタミンE

化粧品としては

ビタミンEは皮膚から直接吸収され、皮膚の血行促進や皮膚温を上昇させるとともに、微小血管の透過性亢進を抑制します。また、皮膚の角質防止、過酸化脂質の障害抑制、保湿効果、メラニンの沈着抑制、抗炎症作用、発毛促進効果、紫外線防御効果、化粧品の安定性向上等の多彩な作用・効果も認められています。
清浄用化粧品、頭髪化粧品、基礎化粧品、メークアップ化粧品、芳香化粧品、日焼け・日焼け止め化粧品等に利用されており、今後も化粧品・医薬部外品の原料としての幅広い応用が期待されています。

添加剤用

添加剤としてのビタミンE(医薬品・化成品)

ビタミンEは医薬品添加剤としても利用されております。
さらにビタミンEの抗酸化作用は、酸化され易い化成品分野でも広範囲に利用・研究され、食品の包装容器、食器、玩具、医療機器に用いられる樹脂製品の抗酸化剤としても用いられております。

酸化防止用

食品の酸化防止剤としてのビタミンE

ビタミンEには食品の酸化を防ぐ働きがあります。
酸化は空気中の酸素によって引き起こされ、食品の「風味の劣化」「変色」「栄養価の低下」などを招きます。
油脂を含む加工食品の酸化を抑え、酸化による異臭の発生、変色等の品質劣化を防ぎ、製品の品質を保ちます。
ビタミンEは自然界に広く分布し、小麦胚芽・大豆・綿実・菜種・トウモロコシ・ごま等の種子に多く含まれているものを原料としておりますので安心できる素材です。

栄養強化用

食品栄養強化としてのビタミンE

健康意識の向上は、生活者の健康ニーズへの高まりとして現れています。
こうした中、より高い安全性と効果をもつ天然ビタミンEが食品栄養強化として幅広く利用されています。
体内脂肪の酸化を防ぐα-トコフェロール、近年新たな生理作用(ナトリウムのバランスを保つ)で注目を浴びはじめたγ-トコフェロール、心脈管系・肌の健康維持に役立つトコトリエノールといった高濃度のビタミンE同族体やその乳化粉末製剤を取り扱っております。

お問い合わせ、ご意見等は下記フォームをご利用ください。